東京都町田市でレコードを買取させていただきました

本日は大量のLPレコードとレーザーディスクを買取をさせていただきました。
1970年代~90年代にかけての邦楽・洋楽が中心でした。
その中で目についたものがありました。

『野音唄の市』

1972年に発売されたエレックレコードの『野音唄の市』です。エレックレコードはフォークソング系のミュージシャンが所属していたインディレーベルでした。
当時「唄の市」という名称をつけて所属アーチストが数組出演するコンサートをよく開催していました。
この『野音唄の市』はそのなかでも一番観客を集めたものです。出演は泉谷しげる、古井戸、ケメ、生田敬太郎&マックス、ピピ&コットです。

吉田拓郎はこのエレックレコードでデビューしています。そのデビューアルバムのバックをやっていたのが、生田敬太郎&マックスのマックスというグループです。

古井戸『古井戸の世界』

古井戸はこの『古井戸の世界』でデビューし、すでにこの『野音唄の市』の時には「さなえちゃん」が大ヒットしていました。このライブ盤では観客の歌声がすごいです。古井戸のメンバー仲井戸麗市は後にRCサクセションのメンバーとなります。

井上陽水『断絶』

井上陽水『氷の世界』

同時期アルバム『断絶』でデビューしたのが井上陽水です。1972年発表のこのアルバムの「傘がない」
は初期の井上陽水の代表曲となります。学生運動は終わり、若者のシラケ世代の心持をうたったような曲です。そして1973年に発売されたのが3枚目のアルバム『氷の世界』は100万枚以上を売り上げる大ヒットとなりました。

この『氷の世界』に収録されている「帰れない二人」はRCサクセションの忌野清志郎との共作です。また「白い一日」は小椋佳の作詞です。

小椋佳『少しは私に愛を下さい』

小椋佳のこのアルバム『少しは私に愛を下さい』はファーストアルバムとセカンドアルバムから再編成したものです。ジャケットの写真は小椋佳ではなく俳優の小倉一郎です。

チューリップ『ぼくがつくった愛のうた』

1970年頃のヒット曲はいわゆる歌謡曲というものが中心でしたが、徐々にフォークソングがヒットし始め、よしだたくろう、ガロ、かぐや姫、チューリップなどの若者に人気の歌手がどんどん出てきた時代でした。

このチューリップの『ぼくがつくった愛のうた』はビートルズがレコーディングしていたアビーロードスタジオ録音なのですね。詳しいことはレコードのライナーノーツには書かれていませんが、スタジオの前で撮った小さな写真がありました。

買取させていただいた商品をみていますと、その時代の流行を反映されているものが多くあります。


電脳遊幻組は、レコードも買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 弊社は、 送料無料の「宅配買取」 ご自宅/現地までお伺いする「出張...

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする